細胞をみる(見る、観る、診る)!細胞診断技術ウェビナー

細胞をみる(見る、観る、診る)!細胞診断技術ウェビナー
~シングルセルハイスループット形質解析から形状・機械特性評価まで~

 この度、昨年9月ブルカーのラインナップに加わりました ブルカーセルラーアナリシス グループと共催にて、細胞をテーマにしたウェビナーを開催する運びとなりました。Phenome解析をリードするシングルセルを対象としたHTP分析プラットフォームBeaconのご紹介と細胞表面の微細構造と機械特性評価を可能にするバイオ向け原子間力顕微鏡を一度に知って頂く機会となっております。是非皆様のご参加をお待ちしております。


日時2024年7月25日(木) 16:00~17:20 (15:45ログイン受付開始)
形式ウェビナー(オンラインによるWEBセミナー)
ウェビナー配信サービスには「GoToWebinar」を利用致します。ブラウザ経由でのご視聴となります。(アプリのインストールは不要です)
参加費無料(事前登録制)

お申込み

下記登録フォームよりお申込み下さい。

Web登録フォーム  ※対応ブラウザ Google Chrome, Edge, Firefoxとなります.

プログラム

時間内容(※当日のプログラムは予告なく変更することがございます)
16:00~16:05開催のご挨拶
16:05~16:45「Single Cell 培養・解析プラットフォームBeacon®の可能性」

皆様はBeacon®という機器名をどこかで聞いたことがありますか。培養ー観察ーアッセイー解析を1台で行うシングルセルプラットフォームです。このセミナーでは研究者の無限の創造性に応えられるBeaconの可能性をご案内します。

ブルカージャパン株式会社 Bruker Cellular Analysis Technical and Field Application Manager 太田慶祐    

16:45~17:25「AFMによる細胞・組織の機械特性評価」

原子間力顕微鏡(AFM)は、微小な針で表面を触診することにより、表面微細構造観察だけでなく弾性率や粘弾性など機械特性評価までできる装置である。その観察範囲は、液中における様々な細胞まで広がり、医者がヒトを触診するように細胞の触診が可能になってきた。まさしく“診る”である。
本発表では、その触診がどのような装置で行われているかを、基礎から紹介いたします。

ブルカージャパン株式会社 ナノ表面計測事業部 アプリケーションエンジニア  塚本 和己


ウェビナーお申込みはこちら
※対応ブラウザ Google Chrome, Edge, Firefox


セミナーに関するお問合せ

ブルカーナノ表面計測事業部 イベント担当 

TEL:03-3523-6361 / FAX : 03-3523-6364