資料請求はこちら
デモ・使用・測定方法のお問合せはこちら
故障・保守・移設・トレーニングのお問合せはこちら

イベント・セミナー情報

ブルカージャパン(株) ナノ表面計測事業部は、ナノプローブテクノロジー第167委員会の企業会員です。 ナノプローブテクノロジー第167委員会とは日本学術振興会の設置する61の産学協力研究委員会の1つであり、走査型プローブ顕微鏡(SPM)の基礎・応用技術の組織的発展を目標に活動しています。
167委員会のHPはこちら
http://www.npt167.jp/

最新イベント情報   Webセミナー

ブルカージャパンでは、各種ウェビナーを開催しております。インターネットに接続できる環境でお手元のパソコンや各種端末からご参加いただけます。参加費は無料です。是非この機会に計測技術の知識を深めてみませんか?

ウェビナー配信サービスには「GoToWebinar」を利用致します
※クリックしても開かない場合は、ブラウザを変えてお試し下さい。 ※同業者の方ご参加はご遠慮下さい。

開催日程ウェビナータイトルお申込受付



2020年12月15(火)

13:30~15:30

【オンラインシンポジウム】  
単一生体分子の動的プロセス評価に向けた高速AFM技術               
〔プログラム詳細〕                                 招待講演 

この度高速AFMのオピニオンリーダーの研究者の方々をお招きしオンラインシンポジウムを開催致します。本ウェビナーでは、高速AFMの第一人者である金沢大学の安藤教授より高速AFMの開発秘話や今後の展望などをご講演頂くほか、本技術に幅広い見識を持つ講師陣をお招きしご研究や応用事例についてをご紹介頂きます。皆様のご参加をスタッフ一同お待ちしております。

<講演講師>
金沢大学 ナノ生命科学研究所 特任教授 安藤 敏夫 先生
金沢大学 ナノ生命科学研究所 教授 古寺 哲幸 先生
金沢大学 ナノ生命科学研究所 准教授 中山 隆宏  先生
名古屋大学大学院 理学研究科   教授 内橋 貴之 先生

お申込みはこちら
※同業の方は
ご遠慮願います

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展『技術情報ガイドブック』にウェビナー公開中

開催日程ウェビナータイトルお申込受付



2020年9月11(金)

~公開中

自動車における効果的な摩擦・摩耗・潤滑材評価技術とアプリケーション事例のご紹介

                             自動車向け事例   摩擦摩耗試験 

 昨今、低摩擦化による省エネルギーや耐摩耗性向上による低資源化に向けた研究開発が盛んであり、高精度な摩擦評価の需要が高まっております。本講演では、計測技術に定評があるブルカー社製の多機能摩擦摩耗試験機 (UMT TriboLab) の特徴や自動車産業向けアプリケーション事例を紹介いたします。

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2020プレゼンツ
『技術情報ガイドブック』 閲覧にはユーザー登録(無料)が必要です〔→詳細はこちら〕
お申込みはこちら
※外部サイトより
ご登録となります

開催日程

ウェビナータイトルお申込受付



2020年9月11(金)

~公開中

3次元白色干渉型顕微鏡によるオートモーティブ向け高精度計測

                        自動車向け事例   高精度3次元表面形状計測 

3次元白色干渉型顕微鏡は様々な業界で表面性状の評価をする計測するツールとして長年使用されています。 非接触で表面性状を計測することが可能なためにプロセスの過程、テスト前後での評価が可能になります。 本セミナーでは3次元白色干渉型顕微鏡の基礎、オートモーティブ向けの摩擦・摩耗、表面粗さなどの計測事例をご紹介いたします。

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2020プレゼンツ
『技術情報ガイドブック』 閲覧にはユーザー登録(無料)が必要です〔→詳細はこちら〕
お申込みはこちら
※外部サイトより
ご登録となります

終了済み ウェビナー 録画ご視聴はこちらから

開催日程ウェビナータイトルお申込受付



2020年12月03(木)

10:30~11:30

【わかる!AFM】
 KPFMの基礎 とコツ~ 表面・界面の電子状態可視化(KPFM)の原理と応用 

〔プログラム詳細〕 
                 
                                 招待講演   測定デモ 

 KPFM(ケルビンプローブフォース顕微鏡)に関するウェビナーを企画しました。今回は特別講師にAFMの表面電位可視化技術において先駆的な業績で知られております神戸大学の大西先生をお招きし、KPFMの基礎や測定例に関してご講演頂きます。引き続き、ブルカーアプリケーションエンジニアより弊社デモルームでKPFM測定を行いWEBデモにて配信致します。

<こんな方におススメ>
  • 半導体・絶縁体の表面電位分布解析にKPFM測定を用いたい方
  • AFMを用いたナノ物性評価に興味のある方
  • KPFM測定を行ってみたい、行ったが上手くいかなかった方
準備中
※同業の方は
ご遠慮願います
開催日程ウェビナータイトルお申込受付



2020年11月20(金)

13:30~15:00

CMPソリューションセミナー                          New
  ~卓上CMP装置による研磨評価からAFM、白色干渉計を用いた表面解析~

                           CMPプロセス事例   測定手法比較 

 CMPが半導体の製造工程に用いられるようになって20年以上が経過し、現在では平坦化技術は多くの工程で使用される必要不可欠なプロセスとなっております。 本ウェビナーでは、コンパクトな卓上CMP評価装置を用いたパッドやスラリーなどのスクリーニング評価や応用事例と、CMP研磨後の原子間力顕微鏡や白色干渉計による評価手法をそれぞれの原理と応用事例を交えて分かりやすくご紹介します。
録画視聴はこちら
※同業の方は
ご遠慮願います
開催日程ウェビナータイトルお申込受付


 3次元白色干渉計 

2020年11月05日(木)

90分

ものづくりのための " 品質の見える化 " 高精度三次元形状評価技術ウェビナー 
~これからのものづくりには欠かせない。
      金型、機械加工、成型部品の三次元形状から局所粗さへのの適切なアプローチ~
 
                   製品紹介   原理   焦点移動法   干渉法   測定手法比較 

  IoT化にともなう金型・成型部品の開発・設計・生産の大きな変化へ一層 正確な三次元形状評価が重視されています。本ウェビナーでは、高精度、高分解能での精密な計測を実現する評価手法(焦点移動法、干渉法)それぞれの特徴・利点・基本原理紹介とともに、検証例・測定例を最新システムと共にご紹介します。 
準備中
※同業の方は
ご遠慮願います
開催日程ウェビナータイトルお申込受付


 ナノインデンター 

2020年5月20日(木)

約100分

ナノインデンテーションWEBセミナー2020 ①<セラミック・金属編>  New
 
                                                                招待講演  

昨今では、新しい価値の創造のた めに生体材料、セラミックス、ポリマー、金属、半導体関連材料など非常に幅広い分野で活用されています。本セミナーでは、ナノインデンテーション技術に深 い知見を持つ講師をお招きしメソスケール破壊特性評価に関する研究成果をご紹介頂くほか、ブルカーナノ表面計測事業部よ りナノインデンテーションの幅広い活用事例を紹介いたします。  
お申込みはこちら
※同業の方は
ご遠慮願います
開催日程ウェビナータイトルお申込受付


 ナノインデンター 

2020年5月28日(木)

約100分

ナノインデンテーションWEBセミナー2020 ②<バイオマテリアル・高分子編>  New
 
                                                                招待講演  

ナノインデンテーションセミナー2020<セラミック・金属編>に続き開催した第二弾<バイオマテリアル・高分子編>となります。本ウェビナーではナノインデンテーション技術に深 い知見を持つ講師をお招きし生体組織の力学特性評価に関する研究成果をご紹介頂くほか、ブルカーナノ表面計測事業部よ りナノインデンテーションの幅広い活用事例を紹介いたします。 
お申込みはこちら
※同業の方は
ご遠慮願います


 ナノインデンター 

2020年10月6日(火)

10:00~11:00

ナノインデンテーションシステムを用いた薄膜微小部の機械的特性評価手法 New
~半導体材料を中心に~


近年、薄膜の素材や製造技術の進歩に伴い、半導体・ディスプレイ・エネルギーなど様々な材料の特性付与に用いられる薄膜の厚みがさらに薄くなり、これまでの機械的特性の評価手法では対応が困難なケースが見受けられるようになりました。このウェビナーでは薄膜やはんだなどの微小構造物の機械的特性評価における様々な課題を確認し、それらの課題の解決につながるアプローチを紹介します。
録画視聴はこちら
※同業の方は
ご遠慮願います
開催日程ウェビナータイトルお申込受付


 ナノ赤外分析 


 ライフサイエンス 


2020年09月29日(火)

14:00~14:50

ブルカーの分子イメージングウェビナー (ナノ赤外分析)

「ナノ赤外分析技術の基礎」ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
<こんな方におすすめ>
  • ナノスケールのIRイメージングに興味のある方
  • 生体内の微小な構造・機能の解析法をお探しの方
  • 既存の赤外分光技術の分解能・検出感度にお困りの方
  • 溶液中の試料のIR分析に興味のある方
録画視聴はこちら
※同業の方は
ご遠慮願います
開催日程ウェビナータイトルお申込受付


 トライボロジー 

2020年09月25日(金)

13:30~15:30

トライボロジーウェビナー ~材料評価における潤滑と表面粗さ~  招待講演 
〔プログラム詳細〕
本ウェビナーでは九州工業大学の西川宏志先生をお招きし、転がり軸受に代表される多くの油潤滑下の機械要素接触部の運転状態である弾性流体潤滑(EHL)下で生じる現象の基礎と、表面粗さと摩擦係数に関する研究などをご発表頂くほか、ブルカーよりトライボロジー評価と表面形状、表面粗さなどの評価をご紹介致します。

録画視聴はこちら
※同業の方は
ご遠慮願います
開催日程ウェビナータイトルお申込受付


 AFM&AFM-IR 

2020年9月15日(木)

13:30~15:30

表面分析ダイジェストウェビナー
~表面・界面の状態を捉える!開発・品質向上につなげる表面分析技術~


新材料固有の特性及び機能発現メカニズムの解明や製造・品質を管理する上で、その表面・界面を正確に理解することは重要です。ポリマーから金属、電池や半導体材料等、いかなる材料にも表面は存在し、その形状・組成・物性など様々な要素が複雑に組み合わされることにより新たな機能が発現されます。こうした表面・界面への分析ニーズに対応すべく、多くの表面分析技術が開発されてきております。本ウェビナーでは、受託分析会社日産アークと分析装置メーカーブルカーから、各種分析装置の特徴を活かした測定・解析技術とその事例を通じて、表面分析を材料開発にどのようにアプローチさせ、活用できるかについてご紹介します。

録画視聴はこちら
※同業の方は
ご遠慮願います


 X線CT&白色干渉 

2020年9月17日(木)

13:30~14:30

欠陥観察・表面計測による課題可視化ソリューション 
~ 5G時代の電子材料や電池、医療医薬分野の品質管理に、
   Ⅹ線CTと3D白色干渉計による多角的評価でできること・わかること~


この度ブルカージャパンでは、ブルカーX線事業部とナノ表面計測事業部の共催でウェビナーを開催する運びとなりました。本ウェビナーでは研究・開発・評価・生産管理などで活躍する材料内部の破壊や劣化評価や観察が可能なX線CTシステムと表面の微小な形状を高分解能で計測・観察が可能な3D白色干渉計のそれぞれの原理・活用事例などを交えてご紹介致します。

動画視聴はこちら
※同業の方は
ご遠慮願います
録画アーカイブウェビナータイトル録画視聴受付




  ナノ赤外分光分析  

2020年3月31日

ナノ赤外分光技術の最前線~AFM-IRが実現するナノ領域の赤外分光分析~

AFM-IR分光法は、AFMと赤外パルスレーザーとの組み合わせにより光の回析限界を超える超微小領域から対象の赤外吸収特性を得る新しい分析技術です。ナノスケールのケミカルイメージング及びスペクトル測定は、試料の化学組成や分散状態を容易に可視化します。本ウェビナーでは、このようなAFM-IRの測定原理と測定例、そしてその最新技術について広範囲にご紹介します。

録画視聴はこちら

※同業の方の
ご視聴はご遠慮
願います。


   ナノインデンター  
        基礎       
2020年4月14日(火)

60分

ナノインデンテーションシステムの基礎と実用的評価事例2020

ナノインデンテーションシステムを用いた様々なナノスケールの機械的特性評価手法の基礎(評価できる項目など)を実際に研究開発・製造プロセス・品質管理などの現場で用いられている評価事例を交えながら分かりやすくご紹介します。

録画視聴はこちら

※同業の方の
ご視聴はご遠慮
願います。


       AFM 基礎      

2020年4月16日(木)
30分

AFMベーシック ウェビナー ① 基礎編   ~30分で学ぶAFMの構成と基礎知識~

AFMの基礎やPeak Force Tappingモードの原理について30分でわかりやすくご紹介します。

録画視聴はこちら
①と②併せて
2部構成で開催

※同業の方はご遠慮
願います。


       AFM 基礎      

2020年4月16日(木)

30分

AFMベーシック ウェビナー ② 機械特性 

AFMによるナノ機械特性測定にフォーカスし、その基礎から応用までを豊富な測定例を交えてわかりやすくご紹介していきます。

録画視聴はこちら
①と②併せて
2部構成で開催

※同業の方はご遠慮
願います。


       AFM 基礎      
2020年4月21日(火)

13:30~14:10

AFMベーシック ウェビナー ③ 応用編 電気特性 

電気特性モードには様々手法があります。半導体の不良解析、様々な導電性材料の解析、また、近年開発が頻繁に開発されているリチウムイオンバッテリーの解析の測定例など交えて、各電気的特性モードのご紹介をしていきます。(30分)

録画視聴はこちら
③と④併せて
2部構成で開催


       AFM 基礎      

2020年4月21日(火)

60分


AFMベーシック ウェビナー ④ 応用編 液中測定の基礎(実演デモ有り) WEB DEMO      
液中測定のための事前準備手順から測定までの流れを説明します。(60分)
- システムとプローブセットアップ
- システムセッティング(タッピングモード)および測定例
- システムセッティング(ピークフォースタッピングモード)および測定例
また、Webinar後半では、デモ機を使用した液中測定を実演します。

録画視聴はこちら
③と④併せて
2部構成で開催


 トライボロジー基礎  

2020年4月23日(木)

60分

トライボロジーの基礎と評価事例 

様々な技術分野において、摩擦・摩耗にかかわる基礎知識は必要不可欠です。本ウェビナーではトライボロ ジーの基礎(評価できる項目など)を実際に研究開発・製造プロセス・品質管理などの現場で用いられている評価事例を交えながら ご紹介します。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います。


       白色光干渉計     

2020年4月24日(金)

30分

あなたの3D粗さ測定技術が広がる! 3D白色光干渉型顕微鏡ウェビナー  

3次元白色光干渉型顕微鏡の実務に役立つ機能をご紹介します。
- スロープ機能の測定実力
- 垂直・水平分解能の測定実力
- 膜厚特性評価

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います


       バイオAFM       

2020年4月27日(月)

30分

こんなに簡単になったBioAFM   
~バイオ向けAFMによる生体試料測定例とその応用展開~
 


本セミナーでは、AFMの原理、AFMを用いてどんなことができるのか?などを、様々な生体試料の測定例とともにご紹介したいと思います。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います。


      AFM プローブ    

2020年5月14日(木)

60分

プローブの選び方と最新プローブのご紹介 ウェビナー
~もう迷わないプローブ選定のポイントと最新情報について~


各モードに対する標準プローブと、多数あるプローブラインナップから最適なプローブを選択する方法をわかりやすく説明します。また形状測定だけでなく、機械特性、電気特性測定モードについてもご紹介致します。4月からAFMを扱い始めるビギナーから、プローブの種類について知識や最新情報を得たい方まで幅広くご参加頂けます。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います。


   AFM-IR   

   ナノ赤外分光分析   

2020年5月21日(木)

約40分

新製品 Bruker 製ナノ赤外分光装置 nanoIR3      WEB DEMO 
~
AFM-IRが実現するナノ領域の赤外分光分析~   

Bruker 製 AFM-IR 装置の最新機種である nanoIR3 について、その測定原理から装置構成,そしてデモ機での測定・解析の様子を交えて詳しくご紹介していきます。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います。


    摩擦摩耗試験機  

2020年5月22日(金)

50分

摩擦・摩耗研究のスタンダードUMT TriboLabの紹介と評価事例  

摩擦・摩耗の研究開発用途として、UMT TriboLabは世界で広く使われています。本ウェビナーではUMT TriboLabを実際に研究開発・製造プロセス・品質管理などの現場で用いられている評価事例をご紹介します。  

録画視聴はこちら
①と②併せて
2部構成で開催

※同業の方はご遠慮
願います。


 白色干渉法 基礎応用 

 トライボロジー評価  

2020年5月22日(金)

50分

白色干渉法を用いたトライボロジー評価技術~基礎から応用~      WEB DEMO 

3次元白色干渉型顕微鏡は様々な分野で様々なサンプル表面性状の評価を計測するツールの一つであります。 非接触で表面性状を計測することが可能なためにプロセスの過程、実験やテスト前後での評価が可能になります。 本ウェビナーでは3次元白色干渉型顕微鏡の基礎から、摩擦・摩耗の研究開発用途での事例をご紹介いたします。 後半にはウェブ形式のデモを実施いたします。

録画視聴はこちら
①と②併せて
2部構成で開催

※同業の方はご遠慮
願います。



      バイオAFM      

2020年5月29日(金)

13:30~14:10

光学顕微鏡と一緒に使う原子間力顕微鏡   
~光学顕微鏡と同時使用可能なAFMのご紹介-NanoWizardシリーズ-~


AFMは細胞観察の手法として細胞表面の観察だけでなく、細胞のヤング率、抗原抗体間の相互作用力の計測が可能で、細胞評価に役立つことからそのニーズが高まっています。本ウェビナーでは、液中測定が容易で様々な光学顕微鏡とのマッチングが可能なブルカーバイオAFMについてBioAFMの基礎とともにその応用例を具体的に紹介します。


お申込みはこちら

※同業の方はご遠慮
願います。



     X線回折&AFM    

  高分子薄膜結晶評価 

2020年6月10日(水)

13:30~14:30


高分子のIn-Situ結晶評価ソリューションWEBセミナー    
~X線回折と原子間力顕微鏡による高分子薄膜の多角的評価~


高分子材料、高分子薄膜の結晶評価・解析技術の最前線をテーマにしたオンラインセミナーをブルカーX線事業部とナノ表面計測事業部の共催でお届けします。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います



   Nano-FTIR分光  

    散乱型SNOM      

2020年6月18日(木)

13:30~14:30


新製品 Bruker 製 Nano-FTIR 分光装置 nanoIR3-s     NEW
~散乱型 SNOM で出来ること・分かること~


Bruker 製 Nano-FTIR 分光装置 nanoIR3-s は、原子間力顕微鏡上に散乱型 SNOM (Scattering Scanning Near-field Optical Microscopy) とナノスケール赤外分光顕微鏡(AFM-IR)のシステムを統合した、新しい分析プラットフォームです。本ウェビナーでは、最新機種である nanoIR3-s についてその測定原理から装置構成、デモ機での測定・解析の様子を交えて詳しくご紹介していきます。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います



    ナノインデンター  

2020年6月19日(金)

13:30~15:15


【日産アークxブルカー共催】    
ナノインデンテーションを用いた複合分析技術のご紹介

~製品開発・生産管理の現場で役立つ! 接合界面における複合分析事例から
測定解析手法・基礎まで~

日産アーク様よりナノインデンテーションをはじめとする豊富な分析技術・事例から、製品開発・生産管理の現場で役立つナノインデンテーションを用いた複合分析事例をご紹介します。また、ブルカーナノ表面計測事業部よりナノインデンテーション測定に関する基礎知識の講座をお送りします。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います



   ナノインデンター 
          操作デモ        

2020年6月24日(水)

約40分

卓上型ナノインデンテーションシステムTS77を用いた測定・分析実演    

ブルカーはナノ機械的特性およびナノトライボロジー特性評価が可能なコンパクト設計の卓上型ナノインデンテーションシステム「TS77 select」を新たにリリースしました。本ウェビナーではナノインデンテーションの基礎について、TS77 selectを用いて実際に測定・解析を行っている様子をご覧いただきながら解説します。


録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います


       触針式段差計     

        操作デモ          

2020年6月25日(木)
13:30~14:30


DektakXT 効率アップ触針式段差計ウェビナー
~知らない機能盛沢山、知って得するステップアップ使いこなし術(実機操作デモ)~
    

Dektakが販売されて50年。世界で1万台以上の導入実績をもち、常に業界のリーダーとして世界の研究・製造・開発現場で選ばれ続けています。本ウェビナーでは性能・解析・操作でより役立つ実践的な使い方の紹介をするほか、実機によるソフトウェアのライブデモを行います。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います


  原子間力顕微鏡   

   ピークフォース  
      タッピング     
  10周年
特別記念  

2020年6月25日(木) 

約120分


Bruker原子間力顕微鏡PeakForceTapping 10周年記念特別セミナー
~原子間力顕微鏡によるナノスケールへの挑戦~   招待講演   
〔※プログラム詳細はこちら〕

ブルカー独自の測定モードであるPeakForceTappingが発表から10年を迎えます。10周年を記念して、京都大学 工学研究科 電子工学専攻 教授 山田啓文先生を講師にお招きし、展望原子間力顕微鏡計測の最前線− AFMによる液中高分解能イメージングおよび生体分子間相互作用力の可視化 –をテーマにご紹介頂きます。またブルカーからPeakForceTappingの測定例、新モード等をご紹介します。

録画視聴はこちら
準備中
※同業の方の
視聴はご遠慮
願います


       バイオAFM     

2020年7月3日(金) 

約60分


バイオ試料向け原子間力顕微鏡の紹介
~DNA・細胞・組織観察およびその力学計測~   製薬向け    

細胞間相互作用の計測は、薬剤の効果、遺伝子発現の影響を知る上で重要になってくる可能性があり、AFMを用いた事例として大変興味深い内容となっております。本ウェビナーでは様々な生体試料の測定例と、それらの試料が実際どのように測定されているかを動画等を用いてご紹介いたします。

録画視聴はこちら

※同業の方の
視聴はご遠慮
願います


  SEM/TEM搭載型  

  ナノインデンター  

2020年8月27日(木) 

約60分


In-situナノ機械的特性評価の基礎ウェビナー
~ナノスケールの試験をSEM・TEM中で見て分かる!In-situナノインデンテーションシステムのご紹介  

近年、各種材料の小型化、薄膜化、複合化が進むにつれ、微小な構造の機械的特性を把握することが材料特性の発現やメカニズム解明において重要になっています。今回ご紹介するSEM・TEM中で用いるIn-situナノインデンテーションシステムでは、ナノスケールの構造が応力によりどのように変形するかをリアルタイムで観察できるだけではなく、SEM・TEMの分析技術を組み合わせることでより複合的な現象の解析が可能です。本ウェビナーではナノインデンテーションシステムの分析技術の基礎に触れた後、SEM・TEM中におけるナノスケールのin-situ機械的特性評価試験の事例を分かりやすくご紹介します。

録画視聴はこちら
※同業の方の
視聴はご遠慮
願います




2020年

プローブの選び方と最新プローブのご紹介 ウェビナー

日程2020年5月14日(火) 16:00~17:00
セミナー形式ウェビナー(オンラインによるWEBセミナー)※お持ちのPCにてインターネット経由でのご参加となります。
セミナー詳細

概要
AFM装置メーカーで唯一プローブを自社開発・製造するブルカーがお届けするプローブWEBセミナーです。ブルカーはこれまで 世界中の方々にご愛顧頂き、製品やアプリケーションに適応する幅広いプローブの開発・製造をし、提供してまいりました。本 WEBセミナーでは、長年の経験と実績により培った技術をもつエンジニアが、各モードに対する標準プローブと、多数あるプ ローブラインナップから最適なプローブを選択する方法をわかりやすく説明します。また形状測定だけでなく、機械特性、電気 特性測定モードについてもご紹介致します。4月からAFMを扱い始めるビギナーから、プローブの種類について知識や最新情報 を得たい方まで幅広くご参加頂けます。
  
・各モードに対する標準プローブについて
・プローブ選定方法とコツ
・機械特性、電気特性測定モード
・最新プローブのご紹介 など 


こんな方におススメ
・これからAFMを使い始めるビギナーの方
・いつも同じ型番のプローブを使用し、他のプローブへの選定に迷われている方
・様々なサンプルを測定する方
・プローブの基礎知識、測定事例を知りたい方


お申込みはこちら ご案内PDFはこちら

トライボロジーの基礎と評価事例

日程2020年4月23日(木) 14:00~15:00
セミナー形式ウェビナー(オンラインによるWEBセミナー)※お持ちのPCにてインターネット経由でのご参加となります。
セミナー詳細

様々な技術分野において、摩擦・摩耗にかかわる基礎知識は必要不可欠です。昨今では、新しい価値の創造のためのトライボロジー として、低摩擦下による省エネルギーや耐摩耗性向上による低資源化に向けた研究開発が盛んです。本ウェビナーではトライボロ ジーの基礎(評価できる項目など)を実際に研究開発・製造プロセス・品質管理などの現場で用いられている評価事例を交えながら ご紹介します。


・ トライボロジー基礎 ー 摩擦・摩耗・潤滑の考え方 

・ ブルカートライボロジー試験機の紹介 - 新モジュールアップデートなど
・ アプリケーション事例 

こんな方におすすめ 
・ トライボロジー試験評価にご興味のある方
・ どのように日々の業務・研究に活用できるかイメージしたい方


お申込みはこちら ご案内PDFはこちら

ナノインデンテーションシステムの基礎と実用的評価事例2020

日程2020年4月14日(火) 13:30~14:30
セミナー形式ウェビナー(オンラインによるWEBセミナー)※お持ちのPCにてインターネット経由でのご参加となります。
セミナー詳細

ナノインデンテーションは様々な材料のナノ・マイクロスケールにおける硬さ・弾性率などを定量的に評価する手法です。近年、各 種材料の小型化、薄膜化、複合化が進むにつれ、微小構造の機械的特性を把握することが材料特性の発現やメカニズム解明におい て重要になっています。本ウェビナーではナノインデンテーションシステムを用いた様々なナノスケールの機械的特性評価手法 の基礎(評価できる項目など)を実際に研究開発・製造プロセス・品質管理などの現場で用いられている評価事例を交えながら分か りやすくご紹介します。

 ・ ナノスケールの機械的特性評価手法の基礎(ナノインデンテーション・ナノスクラッチ・ナノDMA)
 ・ ナノスケールの機械的特性評価手法の実用的事例

こんな方におすすめ
 ・ ナノスケールの機械的特性評価にご興味のある方
・ どのように日々の業務・研究に活用できるかイメージしたい方 


お申込みはこちら ご案内PDFはこちら

ナノ赤外分光技術の最前線ウェビナー ~AFM-IRが実現するナノ領域の赤外分光分析~ 〔終了しました〕

日程2020年3月31日(火) 16:00~16:40
セミナー形式ウェビナー(オンラインによるWEBセミナー)※お持ちのPCにてインターネット経由でのご参加となります。
セミナー詳細

 お申込みはこちら ご案内PDFはこちら

ブルカー表面計測・評価技術最前線 ウェビナー 〔終了致しました〕

日程2020年3月12日(木) 13:00~14:00
セミナー形式ウェビナー(オンラインによるWEBセミナー)※お持ちのPCにてインターネット経由でのご参加となります。
セミナー詳細

 ▶終了 ご案内PDFはこちら