資料請求はこちら
デモ・使用・測定方法のお問合せはこちら
故障・保守・移設・トレーニングのお問合せはこちら
サポート/保守/アップグレードに関するご案内
ブルカーナノ表面計測事業部ユーザー登録

イベント・セミナー情報

ブルカージャパン(株) ナノ表面計測事業部は、ナノプローブテクノロジー第167委員会の企業会員です。 ナノプローブテクノロジー第167委員会とは日本学術振興会の設置する61の産学協力研究委員会の1つであり、走査型プローブ顕微鏡(SPM)の基礎・応用技術の組織的発展を目標に活動しています。
167委員会のHPはこちら
http://www.npt167.jp/
Bruker グローバルサイト

ライフサイエンス 原子間力顕微鏡/自動フォーススペクトロスコピー/光ピンセット

ライフサイエンス 原子間力顕微鏡

BioScope Resolve

生体力学分野の最高分解能イメージングを実現したバイオAFM
BioScope Resolve

Bruker独自のPeakForce QNMとFASTForce Volumeモードにより、きわめて定量的な生きた細胞の機械的特性マッピングを可能にします。さらには、分子レベルの高分解能から細胞サイズのイメージングまでバイオAFM最高の分解能を実現し、AFMと倒立型光学顕微鏡のシームレスな統合により、卓越したデータ関連性を提供します。高性能なPeakForceタッピングにより実現する優れたAFM性能も実現しています。

高速イメージング対応バイオ用AFM
JPK NanoWizard AFMシリーズ

バイオAFMとポリマー研究における表面科学とナノ光学アプリケーションに特化したソリューションと液中測定に最適な多くのオプション類をご用意。また定量的なイメージングを、簡単かつ直感的に実行する新しい計測モードQIモードが標準搭載されています。

Dimension FastScan Bio AFM

高速・高分解能 ライフサイエンス向けAFM
Dimension FastScan Bio AFM

ライフサイエンス試料の高分解能・高速での観察を可能にします。Bruker独自技術PeakForce Tappingにより高分解能の液中測定が簡単になり、広い観測範囲や正確な液量コントロール、温度制御にも対応しています。AFMの初心者の方にでも容易に操作ができるScanAsystモードを搭載し、最新ソフトウェアが感覚的な操作を実現します。リアルタイムでの観測位置の変更、ズーム操作が可能で最先端のライフサイエンス研究がより容易になります。

細胞/組織のメカニクス&接着

細胞と生体組織の機械特性、細胞接着特性の定量測定 バイオ用AFM
JPK CellHesion

生理環境下における単一の細胞‐細胞と細胞‐表面相互間力の評価を行うシステムです。単一細胞フォーススペクトロスコピー(SCFS)として知られているこの革新的な技術は、カンチレバーに取り付けられた生細胞と、ターゲット細胞あるいは修飾された基板、生体組織、バイオマテリアルとの相互間力を測定します。同時に粘弾性を含むセルメカニクス特性も算出できます。また、様々なアクセサリーをもつ自由度の高いシステムとなっています。

自動フォーススペクトロスコピー

フォーススペクトロスコピー
JPK ForceRobot

生理環境下における単一の細胞‐細胞と細胞‐表面相互間力の評価を行うシステムです。単一細胞フォーススペクトロスコピー(SCFS)として知られているこの革新的な技術は、カンチレバーに取り付けられた生細胞と、ターゲット細胞あるいは修飾された基板、生体組織、バイオマテリアルとの相互間力を測定します。同時に粘弾性を含むセルメカニクス特性も算出できます。また、様々なアクセサリーをもつ自由度の高いシステムとなっています。

光ピンセット

フォース検出光ピンセット・光とラッピング
JPK nanoTracker

デュアルビームフォース検出光ピンセットが倒立顕微鏡とシームレスなセットアップを実現します。単分子蛍光を含む先端の光学測定手法や共焦点技術と併せて使うこと出来るうえ、コンパクトで操作が簡単なシステムです。 独自のピンセット技術(Photonic Force Microscope)が、分子、細胞、マイクロレオロジープロセスの定量化を可能にします。 NanoTracker™ は材料科学とソフトマター解析に使われています。粒子トラッピングを利用した凝着性、粘弾性、変形などの機械特性の分析から、光学、熱力学、ナノマニピュレーション実験に応用が可能です。