資料請求はこちら
アップグレードのお問合せはこちら
デモ・使用・測定方法のお問合せはこちら
故障・保守・移設・トレーニングのお問合せはこちら
サポート/保守/アップグレードに関するご案内
ブルカーナノ表面計測事業部ユーザー登録

イベント情報

ブルカージャパン(株) ナノ表面計測事業部は、ナノプローブテクノロジー第167委員会の企業会員です。 ナノプローブテクノロジー第167委員会とは日本学術振興会の設置する61の産学協力研究委員会の1つであり、走査型プローブ顕微鏡(SPM)の基礎・応用技術の組織的発展を目標に活動しています。
167委員会のHPはこちら
http://www.npt167.jp/
Bruker グローバルサイト

ポリマー

C60H122アルカン (C60H122 Alkane)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
測定に用いた装置: Innova
画像説明: グラファイト基板上のC60H122の高分解能位相イメージ。
スキャナのクローズドループ機能を使用。 適切な力の制御および卓越したクローズドループ性能により、約7nm周期のラメラ構造が明瞭に観察されている。
スキャンサイズ:
400nm(左)/700nm(中)/380nm(右)

アクリル塩酸ラテックス塗料 (Acrylate Latex Paint)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
測定に用いた装置: MultiMode
画像説明: セルロース濃縮剤および殺虫剤を含む、厚さ60umのアクリル塩酸ラテックス塗膜(2週間経過)の位相イメージ。
殺虫剤と結合して移動したセルロースが観察されている。
スキャンサイズ:10um
イメージご提供:Galina Alvarez, Institute for Surface Chemistry, Ytkemiska Institutet, Sweden.

ヒドロゲル (Hydrogel)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
画像説明: ヒドロゲルは外部刺激により膨潤・収縮し、貴金属粒子を混ぜ込むと、ゲル密度の変化に起因する粒子間距離の変化により、プラズモンスペクトルの変化を測定できる。
AFMはこのようなナノ粒子の振る舞いや分布を可視化するために不可欠である。
スキャンサイズ:10um
イメージご提供:I. Tokarev, Y. Roiter, I. Tokareva, M. Motornov, S. Minko, Clarkson University, NY, USA.

ポリエチレンオキサイド (Polyethylene Oxide)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
画像説明: ポリエチレンオキサイド(Polyethylene Oxide) とポリプロピレンを含む複合材料のタッピングモード位相イメージ。
左側の暗いドメインは、直径約5nmのラメラから、ポリプロピレンであることがわかる。
他方の明るい部分はポリプロピレンオキサイドで、ラメラ方向の異なるふたつのエリア(葉っぱのようなフラットオンドメインと、幅約30nmのエッジオンラメラ)が識別できている。
クローズドループ機能を使用。
スキャンサイズ:4um
イメージご提供:StefanKaemmer and Natalia Erina, Bruker Nano, USA.

ポリマーブラシ (Polymer Brush)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
画像説明: ScanAsyst-HRモードで観察したポリマーブラシ構造。
サンプルサイズ:1um
スキャンレート:5Hz
サンプルご提供:S. Sheiko, University of North Carolina, Chapel Hill.

膜の折りたたみ (Film Folding)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
画像説明: 酸性溶液にさらしたポリ‐2‐ビニルピリジン(P2VP)超薄膜(90nm)の折りたたみ構造。
P2VPはpH応答ポリマーであり、超薄膜をpH2溶液にさらすと、異方性膨張により、均一で平滑な表面から折りたたみのネットワーク構造へ形態が劇的に変化する。
スキャンサイズ:90um
イメージご提供: S. Singamaneni, M. E. McConney, and V. V. Tsukruk, Georgia Institute of Technology, GA, USA

ラメラミクロ構造 (Lamellar Microstructure)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
画像説明: ポリスチレン-ポリエチレンポリプロピレン(PSPEP)ブロック共重合体(Kraton 1701E)薄膜のラメラ構造。

スキャンサイズ:4um
イメージご提供: Eva Max, Larisa Tsarkova, Hund Markus, University of Bayreuth, Physical Chemistry II, Germany.

異方性の違い (Differences in the Anisotropy)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
画像説明: 熱可塑性ポリマー材料の押し出し成形品。
ほぼ同じ場所における互いに直交する3方向の断面の観察イメージを、立方体の面に配置した。
成形品の場所毎にこのような立方体を作成し比較することにより、異方性の違いがはっきりと示された。
スキャンサイズ:15um
イメージご提供: Borge Holme, SINTEF Materials and Chemistry, Norway

寺院の階段 (Temple Steps)

アプリケーション: ポリマー
測定技術: AFM
画像説明: 共重合体(PS-PMMA)からなるリング構造。
Mayan寺院の構造のように、リングは約30nmのラメラの異方性に関連した階段を形成している。
スキャンサイズ:58um
イメージご提供: J. D. McGraw, I. Rowe, and K. Dalnoki-Veress, McMaster University