資料請求はこちら
アップグレードのお問合せはこちら
デモ・使用・測定方法のお問合せはこちら
故障・保守・移設・トレーニングのお問合せはこちら
Bruker グローバルサイト
サポート/保守/アップグレードに関するご案内
販売開始のお知らせ
Bruker AFMユーザーの声
ブルカーナノ表面計測事業部ユーザー登録
リクルート

イベント情報

  • 2月14日(水)~16(金)
    nanotech2018
  • 2月22日(木)
    [セミナー]ナノインデンテーションセミナー
  • 2月28日(水)
    【WEBセミナー】トライボインデンターウェビナー
  • 3月15日(木) 
    摩擦摩耗試験機ワークショップ

ブルカージャパン(株) ナノ表面計測事業部は、ナノプローブテクノロジー第167委員会の企業会員です。 ナノプローブテクノロジー第167委員会とは日本学術振興会の設置する61の産学協力研究委員会の1つであり、走査型プローブ顕微鏡(SPM)の基礎・応用技術の組織的発展を目標に活動しています。
167委員会のHPはこちら
http://www.npt167.jp/

ライフサイエンス

皮膚 (Skin)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: 3次元光干渉粗さ計
測定に用いた装置: 3次元光干渉粗さ計
画像説明: 皮膚の毛穴と毛包の微細構造3次元光干渉像。

蝶の羽 (Butterfly Wing)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: 3次元光干渉粗さ計
測定に用いた装置: 3次元光干渉粗さ計
画像説明: 蝶の羽の3次元光干渉像。

バッタの目 (Grasshopper Eye)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: 3次元光干渉粗さ計
測定に用いた装置: 3次元光干渉粗さ計
画像説明: バッタの目の3次元光干渉像。
視野:309um X 235um

骨片 (Bone Fragment)

アプリケーション: ライフサイエンス/医療
測定技術: 3次元光干渉粗さ計
測定に用いた装置: 3次元光干渉粗さ計
画像説明: 骨折部表面形態の3次元光干渉像。

ヒーラ細胞 (HeLa Cells)

アプリケーション: ライフサイエンス/医療
測定技術: AFM
画像説明: ラベルされたヒーラ細胞の蛍光像で、中心部(35μm)はMIROで位置合わせをして測定したAFM像である。 DAPIラベルした核とAFM形状像の高い部分とに強い相互作用があることがわかる。
データご提供:マンハイム単科大学(ドイツ)、Alexandre Berquand, Andreas Holloschi, and Petra Kioshis

ヒーラ細胞ーフォースカーブ (HeLa Cells - Force Curve)

アプリケーション: ライフサイエンス/医療
測定技術: AFM
画像説明: 蛍光性タンパク質が発現するようトランスフェクトしたヒーラ細胞。
修飾したAFMプローブを用いた力測定により、結合力と蛍光発光強度との強い相関が示されているのがわかる。
明るい細胞は多くの結合(黄カーブ)を生じているが、暗い細胞にはほとんど見当たらない(赤色カーブ)。
データご提供:Frank Lafont and Joelle Warein パスツール研究所(フランス)

生きているHaCat細胞 (Living HaCat Cells)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: AFM
画像説明: 酸化ストレス下の、生きているHaCat細胞のBioScope Catalyst -PeakForce QNM像(75x75μm)。
細胞は、隣の細胞に到達するよう迅速にストレスフィブリルを合成する。 これらのダイナミックな過程もこの手法で追うことが可能である。

自己組織化ポリペプチド (Selfassembled Polypeptides)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: AFM
画像説明: 自己組織化したポリペプチドのAFM像。 バクテリア発現系合成ペプチドABAとCBCトリブロック共重合体-中心ブロックにランダムコイル、両サイドブロックにヘリカルがある-これはpHと温度に反応する高分子集合体である。
様々な自己組織化過程が固体基板上又はその近くで、ポリペプチドのフラクタルパターンを生じながら進む。 この形状は、拡散が制限される成長メカニズムによるものである。
スキャンサイズ: 20μm
データご提供:R. Sheparovych, Y. Roiter, I. Tokarev, M. Motornov, J. Yang, J. Kopecek, S. Minko クラークソン大学、NY(USA)

タンパク質結晶 (Protein Crystals)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: AFM
画像説明: バクテリオロドプシンのPeakForce Tapping像。
2D-FFTはタンパク質結晶の六方晶を反映している。このスペクトルでは、ゆがみの少ない良好な対称が示されている。このイメージは液中PeakForce Tappinng測定、8kHz,.8 lines/second line rate, 2nm PFT-amplitude, and a tip velocity of 3.2μm/second. データご提供:S. Hu, (Bruker) in collaboration with I. Medalsy, D. Mueller (ETH D-BSSE, Basel, Switzerland)

紅色細菌 (Rhodobacter Sphaeroides)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: AFM
画像説明: 紅色細菌の一つであるRhodobacter sphaeroides のPufX変異体光合成膜のAFM像。
液中TappinngMode測定。
データご提供:Peter Adams and Neil Hunter, University of Sheffield, UK.(cf)Adams et al. Biochim. Biophys. Acta. 1807, 1044 (2011).

細胞体積 (Cell Volume)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: AFM
画像説明: 上皮細胞のAFM像。細胞体積の制御は、アポトーシスから細胞増殖まで多くの生理的作用において重要である。
この体積変化を、細胞の形状をモニターして、フェムトリットルの精度で正確に測定するのに、AFMは適した手法である。
測定はBioScopeTM II。
スキャンサイズ:180μm
データご提供:Anke Fabian (lead) & Christoph Riethmueller, Institute of Physiology II, University of Muenster, Germany

マイカ上のDNA (DNA on Mica)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: AFM
画像説明: マイカ上のDNAのAFM像。クローズドループ。TappingMode。大気中。 4.88Hz
スキャンサイズ:2μm

ラット尾部コラーゲン (Rat Tail Collagen)

アプリケーション: ライフサイエンス
測定技術: AFM
画像説明: ラット尾部コラーゲンのAFM像。67nmの帯が明瞭に見えている。
TappingMode、クローズドループ。
スキャンサイズ:1.75μm